カテゴリ:四国( 1 )

2012年4月

2012年4月15日


   第6回豊島学(楽)会研究発表会の開催案内

 昨年夏、香川県豊島に放置された有害廃棄物の無害化処理について、大きな出来事があ りました。無害化処理すべき廃棄物や汚染土壌の量が想定の60万トンをはるかに超える 役90万トンの見積もられるため 、処理の約55%程度しか完了していないこと 。そのため、 処理期間が最大3年6か月程度伸びることが判明しました。私たちは、管理委員会を中心 に共創の理念で無害化処理を進めてきましたが、進行管理に問題点があったことを真摯に 反省しなければいけないと思っています。
また、土壌の水洗浄処理の委託先を巡り、滋賀県大津市で住民から反対の声が上がるな ど、新しい課題も出ています。
その一方で、2013年には2回目の瀬戸内芸術祭が開催される予定で、豊島来島者向 けの民泊を開設するなど、新しい取組みも開始されています。
豊島の公害調停に関わった島民や関係者も高齢化し、多くの方が亡くなられ、豊島の過 疎化をどう食い止めるのか。緑豊かな豊島に戻すために、豊島の再生プランをどう作るの か。豊島の生活の記録を残し、闘いの記録を資料館に保存する作業や全国、全世界に豊島 の現状を情報発信することなどの課題に取組むために、豊島に関心を寄せてきた研究者、 学生、市民、行政など様々な立場の関係者が、豊島住民と協働して、豊島を材料に記録、 議論、研究する場としての豊島学(楽)会を、2006年7月に設立しました。2007年から毎年 4 月に研究発表会を開催してきました 。豊島学(楽)会及び研究発表会の概要はウェブサイト (http://www.waseda.jp/weri/teshima/ )でご覧になれます。
下記の要領で、第6回豊島学 (楽)会研究発表会を開催いたします。年度始めでご多忙の こととは存じますが、多くの方の参加をお待ちいたします。
今年は、福島原発事故による放射能汚染とどう付き合っていくのかを考えるとともに、 豊島の今後について、多いに議論したいと思います。
 記 第6回豊島学(楽)会研究発表会実施要綱
 日時:2012 年 4 月 14 日(土)~4 月 15 日(日)
 場所:香川県小豆郡土庄町豊島 豊島公民館他 主催:豊島学(楽)会 協力:廃棄物対策豊島住民会議
 内容:4月14日(土)13:00 開会・経過報告(豊島公民館)
         13:15~14:15
         「記念講演「福島原発事故による放射能汚染」(仮題) (どなたでも参加できます)
         今中 哲二氏(京都大学原子炉実験所 助教)
         14:30~18:00 一般発表(10題程度)
         13:00~18:30 ポスター掲示(コアタイム17:50~18:30)
         19:00~21:00懇親会(てしまリゾートにて)
by momiji2443 | 2012-04-07 16:59 | 四国